momoto.github.io

EPEL 6のリポジトリを有効化する

 CentOS 6でExtra Packages for Enterprise Linux 6(EPEL 6)リポジトリを有効化します。 このリポジトリを有効化することでRHEL 6やそのクローンでもFedoraパッケージを利用できるようになります。

 まず、パッケージの検証につかう公開鍵をRPMデータベースにインポートします。 EPEL6でつかう公開鍵はFedora Project – List of GPG keysRPM-GPG-KEY-EPEL-6です。

$ sudo rpm --import https://fedoraproject.org/static/0608B895.txt

 次に、EPEL6のミラーからRPMパッケージをインストールして、リポジトリの有効化は完了です。

$ sudo rpm -Uvh http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
Retrieving http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:epel-release           ########################################### [100%]

 RPMファイルのURLは、ミラーにIIJを選んだ場合だと次のようになります。

 追加したEPELのリポジトリが有効になっているかどうかはyum repolistをつかって確認することができます。

$ yum repolist

repo id           repo name                                               status
base              CentOS-6 - Base                                         4,802
epel              Extra Packages for Enterprise Linux 6 - i386            8,113
extras            CentOS-6 - Extras                                          12
updates           CentOS-6 - Updates                                      1,000
repolist: 13,927

 yumオプションに--enablerepo=epelを指定したときだけEPELを利用し、普段は無効化にしておきたい場合は/etc/yum.repos.d/epel.repoのenabled=1enabled=0に変更しておきます。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

参考