momoto.github.io

Nagios Core 4.0.0をソースからインストールする

 Nagios Core 4.0.0とNagios Plugins 1.4.16をソースからインストールします。OSはCentOS 6.4を使用しています。

  1. ソースコードを取得する

     www.nagios.orgからNagios Core 4.0.0とNagios Plugins 1.4.16のソースコードを取得します。

    $ cd /usr/local/src/
    $ sudo wget http://prdownloads.sourceforge.net/sourceforge/nagios/nagios-4.0.0.tar.gz
    $ sudo wget http://prdownloads.sourceforge.net/sourceforge/nagiosplug/nagios-plugins-1.4.16.tar.gz
    $ sudo tar xfz nagios-4.0.0.tar.gz
    $ sudo tar xfz nagios-plugins-1.4.16.tar.gz
    
  2. 要件を満たす

     Documentationに従って、必要なパッケージをインストールします。

    # RHEL/CentOSの場合
    $ sudo yum install wget httpd php gcc glibc glibc-common gd gd-devel make net-snmp
    
    # Ubuntuの場合
    $ sudo apt-get install wget build-essential apache2 php5-gd libgd2-xpm libgd2-xpm-dev libapache2-mod-php5
    

     続いて、Nagiosのプロセスを実行するユーザとグループを用意します。

    $ sudo useradd nagios
    $ sudo groupadd nagcmd
    $ sudo usermod -a -G nagcmd nagios
    
  3. Nagios Coreをインストールする

     ソースコードを展開したディレクトリに移ってNagios Coreをインストールしていきます。

    # cd nagios
    
    # RHEL/CentOSの場合
    # ./configure --with-command-group=nagcmd
    
    # Ubuntuの場合
    # ./configure --with-nagios-group=nagios --with-command-group=nagcmd -–with-mail=/usr/bin/sendmail
    
    *** Configuration summary for nagios 4.0.0 09-20-2013 ***:
    
     General Options:
     -------------------------
            Nagios executable:  nagios
            Nagios user/group:  nagios,nagios
           Command user/group:  nagios,nagcmd
                 Event Broker:  yes
            Install ${prefix}:  /usr/local/nagios
        Install ${includedir}:  /usr/local/nagios/include/nagios
                    Lock file:  ${prefix}/var/nagios.lock
       Check result directory:  ${prefix}/var/spool/checkresults
               Init directory:  /etc/rc.d/init.d
      Apache conf.d directory:  /etc/httpd/conf.d
                 Mail program:  /bin/mail
                      Host OS:  linux-gnu
    
     Web Interface Options:
     ------------------------
                     HTML URL:  http://localhost/nagios/
                      CGI URL:  http://localhost/nagios/cgi-bin/
     Traceroute (used by WAP):
    

     configureが終わると、Nagiosの構成の要約を表示してくれます。

    # make all
    

     コンパイルまで済んだら、次のmakeオプションでインストールを続けていきます。

    • make install メインプログラム、CGI、HTMLファイルをインストール
    • make install-init /etc/rc.d/init.dの起動スクリプトをインストール
    • make install-commandmode ディレクトリの権限のインストールと設定
    • make install-config /usr/local/nagios/etcの設定ファイルのサンプルをインストール
    • make install-webconf ウェブインタフェースのためのApache設定ファイルをインストール
    • make install-exfoliation ウェブインタフェースのExfoliationテーマをインストール
    • make install-classicui ウェブインタフェースのクラシックテーマをインストール

     ウェブインタフェースのテーマは必要なければ省略できるようです。

    # make install
    # make install-init
    # make install-config
    # make install-commandmode
    # make install-webconf
    # cp -R contrib/eventhandlers/ /usr/local/nagios/libexec/
    # chown -R nagios:nagios /usr/local/nagios/libexec/eventhandlers/
    
  4. Nagios Pluginをインストールする

     ソースコードを展開したディレクトリに移ってNagios Pluginをインストールしていきます。

    # cd ../nagios-plugins-1.4.16
    # ./configure --with-nagios-user=nagios --with-nagios-group=nagios
    # make
    # make install
    
  5. NagiosとApacheを起動する

     ウェブインタフェースの認証につかうApacheのパスワードファイルを用意します。

    # htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users nagiosadmin
    New password:
    Re-type new password:
    Adding password for user nagiosadmin
    

     Nagiosの設定ファイルを検証した後、Nagios、Apacheを起動します。

    # /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg
    # service nagios start
    nagios is stopped
    Starting nagios:                                           [  OK  ]
    # service httpd start
                                                               [  OK  ]
    

     Nagiosのウェブインタフェースへアクセスして動作を確かめてみます。認証には上のhtpasswdで設定したユーザ名とパスワードを入力します。

  6. 自動起動を設定する

     必要に応じて、Nagiosの自動起動を設定します。

    # chkconfig --add nagios
    # chkconfig nagios on
    # chkconfig httpd on
    

参考