momoto.github.io

Red Hat OpenShiftクライアントツールをインストールする

 Red Hat OpenShiftに用意されている2通りのユーザインタフェースのうちの1つ、クライアントツールをインストールします。 クライアントツールをつかうと、もう一方のユーザインタフェースであるマネジメントコンソールでは提供されていない機能を利用できます。

インストール

 クライアントツール(以下、rhc)の要件として、Ruby、RubyGems、Gitがあらかじめインストールされている必要があります。 インストールにはパッケージ管理システムごとに何通りかの方法がありますが、OpenShift開発チームの調整が最も反映されているのはGEMパッケージであるようです。

RPMパッケージ

 YumをつかってRPMパッケージ版rhcをインストールします。

$ sudo yum install rhc

AURパッケージ

 PacmanをつかってAURパッケージ版rhcをインストールします。

$ curl -Os https://aur.archlinux.org/packages/rh/rhc/rhc.tar.gz
$ tar xfz rhc.tar.gz
$ cd rhc
$ makepkg -i -s

GEMパッケージ

 RubyGemsをつかってgemパッケージ版rhcをインストールします。

$ sudo gem install rhc

初期設定

 rhc setupコマンドでセットアップウィザードを起動させます。 OpenShiftへのログイン情報を入力するので、あらかじめOpenShiftのアカウントを作成している必要があります。

$ rhc setup
OpenShift Client Tools (RHC) Setup Wizard

This wizard will help you upload your SSH keys, set your application namespace, and check that other programs like Git are properly installed.

Login to openshift.redhat.com: 

 認証トークンを生成するかどうかを選択します。 トークンを生成しておくと、その有効期限の間はログイン情報の入力を省略できます。このトークンはrhc logoutで消すことができます。

OpenShift can create and store a token on disk which allows to you to access the server without using your password. The key is stored in your home directory and should
be kept secret.  You can delete the key at any time by running 'rhc logout'.
Generate a token now? (yes|no) yes
Generating an authorization token for this client ... lasts about 1 day

Saving configuration to ~/.openshift/express.conf ... done

 SSHの認証につかう公開鍵をOpenShiftリモートサーバへアップロードするかどうかを選択します。 セットアップウィザードに従う場合、ホームディレクトリから見つかったid_rsaとid_rsa.pubのペアのうち、id_rsa.pubのほうをアップロードします。

Your public SSH key must be uploaded to the OpenShift server to access code.  Upload now? (yes|no) 

SSH接続

 rhc ssh <app>コマンドをつかって、SSH接続を試してみます。今までに作成したアプリケーションはrhc appsコマンドで確認することができます。

$ rhc ssh <app>
Connecting to ********@<app>-<namespace>.rhcloud.com ...

*********************************************************************

You are accessing a service that is for use only by authorized users.
If you do not have authorization, discontinue use at once.
Any use of the services is subject to the applicable terms of the
agreement which can be found at:
https://www.openshift.com/legal

*********************************************************************

Welcome to OpenShift shell

This shell will assist you in managing OpenShift applications.

!!! IMPORTANT !!! IMPORTANT !!! IMPORTANT !!!
Shell access is quite powerful and it is possible for you to
accidentally damage your application.  Proceed with care!
If worse comes to worst, destroy your application with 'rhc app delete'
and recreate it
!!! IMPORTANT !!! IMPORTANT !!! IMPORTANT !!!

Type "help" for more info.

[<app>-<namespace>.rhcloud.com ********]\>

 helpでは、OpenShiftアプリケーション環境で利用できるコマンドを参照することができます。

Help menu: The following commands are available to help control your openshift
application and environment.

ctl_app         control your application (start, stop, restart, etc)
ctl_all         control application and deps like mysql in one command
tail_all        tail all log files
export          list available environment variables
rm              remove files / directories
ls              list files / directories
ps              list running applications
kill            kill running applications
mysql           interactive MySQL shell
mongo           interactive MongoDB shell
psql            interactive PostgreSQL shell
quota           list disk usage

参考

関連記事